アニメ?ゲーム?語る?(仮)……というのはうそでほとんど東京ヤクルトスワローズの話ばかりするブログ

アニメやゲームについてヨイショしたりヘイトしたりするブログ……というのはうそでほとんど東京ヤクルトスワローズの話ばかりするブログ

アニメ脚本家岸本卓さんについてのメモ

かぐや姫の物語』の元プロデューサーだったわ

西村プロデューサーの前任者って人。

最近活躍してて気になってたけど元ジブリで結構話題になってたのね

知らんかったから「ほえぇ」って感心してしまった

【映画レビュー】アニメ映画『虐殺器官』は文句なしの傑作

さすが伊藤計劃!!

この女子率の高さよ!(笑

f:id:saboon:20170203233455j:plain

女子率の高さに(素人童貞の)シェパードさんも涙w

 

多分、半分以上は女性のお客さんだったはずです

その証拠に劇場CMは

 

高校生恋愛実写映画

MY FIRST STORYのドキュメンタリー

XJAPANのドキュメンタリー

アニメ映画

 

というカオスでしたw

 

 

 

___といきなり脱線しましたが映画『虐殺器官』は超がつくほど傑作でした

村瀬修功監督のことは信頼していたので心配はそれほどしてなかったのですが、期待をはるかに超えるクオリティと表現でありました

みなさん観ましょう


「虐殺器官」新特報 第2弾

 

 

もうこの映画の全てが好きなんです

原作既読者からは原作からの改変に対して賛否あるかもしれませんが私は完璧に賛成です

 

稀代の傑作である原作を超えたとか言うわけじゃないんです

原作にあったある深みは無くなってしまっています

でも原作を読んだ時には気づけなかった魅力に気づかされるというか

別の濃さが出てます

村瀬修功解釈というよりも元々原作が持っていた魅力を引き出しています

 

以下ネタバレあり

続きを読む

米林宏昌監督『メアリと魔法の花』制作発表。2017年も劇場アニメイヤーです!!

以前から西村プロデューサーの新会社で劇場作品を作っているという話は出てたのですがタイトルとPVが初公開されましたね

公開予定は2017年夏とのこと

f:id:saboon:20161215222043j:plain

 

続きを読む

2016年振り返りアニメ一口レビュー冬期(1月~3月)

久々のアニメレビューというよりこんなの観てたなぁという視聴メモです

 

続きを読む

寺島成輝獲得!!プロ野球2016年ドラフトの答え合わせします!!

今年のドラフトは盛り上がりましたね^^

メジャー級とも言われたスター田中正義や高校BIG4など150キロ超え投手がゴロゴロ現われ

例年のようにドラ1を事前発表するチームがなかなか現れず最後まで情報戦が繰り広げられました

 

そして、我らが東京ヤクルトスワローズが獲得した未来のヒーローたちは次の7人となりました!!

 

1位 寺島成輝(履正社高)投手

2位 星知弥(明大)投手

3位 梅野雄吾(九産大九産)投手

4位 中尾輝(名古屋経済大)投手

5位 古賀優大(明徳義塾)捕手

6位 菊沢竜佑(相双リテック)投手

育成1位 大村猛(BC石川)捕手

 

続きを読む

プロ野球2016年度個人的ドラフト指名!!

もしもオレが東京ヤクルトスワローズの編成部長なら……

と仮定した場合のドラフト指名お遊びであります

 

f:id:saboon:20161017205007j:plain

1位 高橋昂也(花咲徳栄高)投手

2位 生田目翼(流通経済大)投手

3位 藤嶋健人(東邦高)投手・外野手

4位 田中和基(立教大)外野手

5位 森脇亮介(セガサミー)投手

6位 アドゥワ誠(松山聖陵高)投手

7位 寺田光輝(石川ミリオン)投手

育成1位 福永春吾(徳島インディゴ)投手

 

続きを読む

ラッキーだけで新垣今季初登板を勝利!!まあ秋吉ルーキオンドルセクの勝ち継投リリーフはちゃんとしてるな。打線がちょっと心配。ヤクルト6-4広島(現在のヤクルトのチーム状況もまとめてみました)

勝ちに不思議の勝ちありというけれど

タダで勝ちをくれたという試合だった

143試合もやってればこういう日もあるわな

 

 

2016年4月28日 ヤクルト6 対 4広島

勝利 新垣(ヤ)

敗戦 岡田(広)

セーブ オンドルセク(ヤ)

本塁打 安部1号(広) 菊池4号(広)

 

 

まず先に今日の試合の感想を

次に4/28現在のヤクルトというチームについてどれだけ悲惨かを記しておこうと思います

批判中心ではありますが、真中ヤクルトなら改善できると期待してますし

シーズン終了後に笑い話として見返すためにデータを残すだけです

 

続きを読む