読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ?ゲーム?語る?(仮)……というのはうそでほとんど東京ヤクルトスワローズの話ばかりするブログ

アニメやゲームについてヨイショしたりヘイトしたりするブログ……というのはうそでほとんど東京ヤクルトスワローズの話ばかりするブログ

東京ヤクルトスワローズの9連戦に見えた隠れた誤算

野球

このゴールデンウィークに行われたプロ野球9連戦

我らが東京ヤクルトスワローズはレギュラーメンバーの故障などもあり

2勝7敗

という結果になってしまった。

 

ここまで負けまくった最大の原因はケガで間違いないが

その陰で隠れた誤算もあったはずだ

 

オレが言いたいのはこういうこと

小川を2回、中5日で回せばもう1勝プラスできたんじゃないか?

 

明日明後日とヤクルト戦が無いために5月9日(土曜)に秋田で先発する小川は中7日の登板間隔となる

これがちょっともったいなかったかな。と感じる。

 

無理に投げさせて怪我をさせるのは最悪ではあるが、今のヤクルトは勝てる先発が足りない。

4月まで絶好調だった投手陣も既に昔の話。

QSも達成できない先発ばかりではないか(ナミダ

 

開幕前ヤクルト先発ローテ≫

絶対勝てると思える投手 小川

きっと勝てると思える投手 杉浦

勝てるかどうかは打線次第と思える投手 石川、成瀬

捨て試合覚悟させる投手 石山

 

以上の通りそもそも1枠決まらずに開幕を迎えた。絶対的に安心できるのはエース小川のみ。OP戦から杉浦と石川は期待できる。成瀬&石山は打線で勝たせられれば、といったところか。

 

しかし開幕してみれば先発リリーフ共に大活躍。打線湿りまくり。

 

開幕後ヤクルト先発ローテ≫

絶対勝てると思える投手 小川

きっと勝てると思える投手 石川、杉浦、石山

勝てるかどうかは打線次第と思える投手 成瀬、新垣

 

去年とは比べ物にならない程頼りになるローテーション

捨て試合を覚悟させる試合が無いのだ

何よりも6枠埋まってるのが凄い

これじゃあ中6日を守っていくべきだわ

 

 

 

 

 

 

そう思っていたのもつかの間

2年目にしてエース級のピッチングを続けていた杉浦が怪我で離脱

ここで発覚するヤクルト格差問題

1軍とファームでは投手のレベルに大きな差があったのだった

 

そんな時に限って9連戦を迎えてしまった

先発に不安がある試合が2つも出来てしまった。。。

 

 

 

そしてローテーションを守っていた他の先発も、鉄壁だったリリーフ陣も好調が終わり防御に不安が出てきた

 

 

もしも

4月上旬の段階で投手陣に不安が表面化していたならば

上手いこと日程を調整して小川の試合を増やし、勝ちを増やせたのではないか

そうすれば2勝7敗というあまりにも悲惨な結果では無く

3勝6敗というそこそこ悲惨な結果で済んだんじゃないか

 

 

 

 

 

いや3勝6敗にできても酷いな