読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ?ゲーム?語る?(仮)……というのはうそでほとんど東京ヤクルトスワローズの話ばかりするブログ

アニメやゲームについてヨイショしたりヘイトしたりするブログ……というのはうそでほとんど東京ヤクルトスワローズの話ばかりするブログ

ベンチの迷いが見える3連敗。。。ヤクルト2-6ロッテ

野球

中止試合の振替え戦として組まれた最終戦。

先制するも結局負けたか。。。

ちょっとなぁ。なんだかリリーフ準備が上手くいかなかったというかブルペンがぐだぐだだった気がするんだよなぁ。

 

2015年6月15日 ヤクルト 対 ロッテ

試合結果

 

実は今季公式戦では現地観戦で初の負け試合だったんですよ。

うーんジンクスが……涙。。。

 

負けてしまったか。

まぁ純粋にロッテの方が野球が上手いでしょってのもあるんですけどね。

打者のタイムの取り方とか、投手が投げようと気持ちを入れたところでタイム取るのとか勝つための執念みたいのがロッテの特にロートル選手は強くてやられちまった感。

 

それに比べてヤクルト選手は素直ないい子だから(笑

 

 

ただ観客席から見てて一番気になったのは、やっぱり継投なんだなぁ。。。

特に5回表に同点にされるも秋吉が追加点を許さずに乗り越えた場面。

勝ち継投リリーフ陣と計算できるのは

秋吉-オンドルセク-ロマン-バーネット、の4人

でも5回から継投が始まったので誰かは2イニング投げないといけなくなる

しかも同点だから延長の可能性もある。

5回裏は4番畠山からだったけど、9番に投手秋吉を入れていたから3人ランナー出れば打順が回り代打を出すつもりだったと思われる。

 

このときブルペンではオンドルセクが準備をしていた。

 

しかし結局は8番打者の中村で3アウト。

 

そこでヤクルトは秋吉続投を選択。

 

俺は思ったね。高津はケチったな、、、と。

 

中2日だし下位打線だし秋吉なら2イニング目も抑えられるだろうという期待は当然だった。

でも果たして秋吉は気持ちの準備は出来ていたかな?

味方があと一つ塁に出れば代打で交代だな……という気の緩みはどうしてもぬぐえなかったんじゃないか?

せめて中村が打席に立つまではキャッチボールくらいしたほうが良かったんでは?

 

結局は秋吉は6回にヒットと四球でランナーを溜めて交代。

オンドルセクを6番デニングと交代させて9番には三輪を入れたが、裏のヤクルト攻撃は3者凡退。

 

7回ヤクルトベンチは回跨ぎをオンドルセクに託す。

ブルペンは無人。完全にオンドルセクに賭けたわけだ。

 

結果は連打されて3失点。ほぼこれで負けが決まる。

それでも準備しちゃったから&調整目的で8回ロマン&9回バーネット投入。

 

これではいったい高津と真中はなんのためにケチったのか???????????

昨日投げてないバーネットに2イニング任せても良かったんじゃないの?

 

そもそもこんな風にケチるくらいならなんで昨日の試合はビハインドでオンドルセクとロマン出したの??

 

 

ちょっとベンチの迷いが見え過ぎちゃってて、そこが選手のメンタルにも悪影響でてると思うな。

正直、秋吉に代打は送らないから絶対2イニング目も投げ切れよ。と伝えてブルペンもオンドルセク準備させなければ、たとえ負けても実になる負けだったと思うんだけど、

采配でバタバタして迷いがあるのがでちゃうと、責任の所在は曖昧になって無駄な試合になる気がする。

 

もっと堂々と采配してほしいな