読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ?ゲーム?語る?(仮)……というのはうそでほとんど東京ヤクルトスワローズの話ばかりするブログ

アニメやゲームについてヨイショしたりヘイトしたりするブログ……というのはうそでほとんど東京ヤクルトスワローズの話ばかりするブログ

プロ野球2016年度個人的ドラフト指名!!

もしもオレが東京ヤクルトスワローズの編成部長なら……

と仮定した場合のドラフト指名お遊びであります

 

f:id:saboon:20161017205007j:plain

1位 高橋昂也(花咲徳栄高)投手

2位 生田目翼(流通経済大)投手

3位 藤嶋健人(東邦高)投手・外野手

4位 田中和基(立教大)外野手

5位 森脇亮介(セガサミー)投手

6位 アドゥワ誠(松山聖陵高)投手

7位 寺田光輝(石川ミリオン)投手

育成1位 福永春吾(徳島インディゴ)投手

 

 

テーマは2つ

『ビビりドラフト』!

『非即戦力ドラフト』であります!

 

 

まず私は

1位に高橋昂也投手を指名したいです

 

 

ドラフトで特に重要なのは1位指名ですね

今年は投手豊作と言われていて

大学社会人投手では田中正義、佐々木、柳、山岡

高卒投手では寺島、今井、藤平、高橋昂也

この8人が目玉とされています

 

そして競合間違いなしとされるのがスーパースター田中正義と高卒No.1左腕の寺島成輝

競合する確率の高いのが佐々木、柳、今井

もしかしたら競合してしまうかもしれないのが山岡、藤平

 

はい、8人の中で一番競合しなさそうだから高橋昂也を選びました(爆)

 

ヤクルトは過去8年間ドラフト1位指名でクジを外し続けてます

いいかげん当たるだろう。そんな希望的観測を無視して単独指名だけ狙います

これが『ビビりドラフト』

 

そして高校BIG4で最も評価の低い高橋昂也君を選びました(爆爆)

 

しかし、言いたい

高橋昂也で何が悪い!?どうせ外れ1位では競合するんだろ?外れ1位で取れたら大喜びするんだろ??じゃあ高橋昂也でいいじゃん!!正解ジャン!!!

 

そもそも競合必至の寺島成輝と高橋昂也でそこまで違いがあるか??

高卒時点での実力がそのまま続くとは限らない

将来性と言う意味では高校BIG4は同列

怪我のリスクも誰だってある

だったら単独狙いたい!!

 

 

もう一つのテーマ『非即戦力ドラフト』はドラフト1位で高卒を取るという意味ですがこれは

そろそろ高卒ドラ1投手を見て見たいというだけです(笑

 

 

ヤクルトは2006年から連続で獲得した高卒ドラ1投手をドラ1四兄弟と呼んだ

村中、増渕、由規、赤川である

大いに期待されたが怪我や不調で苦しみ、増渕と赤川は引退

村中と由規も2016年に数年ぶりの1軍復帰を果たせたという具合である

 

近年ヤクルトが獲得した高卒投手である八木はトレードにだしてしまい

児山、田川は戦力外通告(田川は育成再契約との噂あり)

すっかり高卒(特に左腕)の育成下手という印象になってしまった

しかし過去は過去!気持ち新たに高卒左腕に挑戦しようではないか!!

近年もヤクルトは目玉高卒投手を指名してはいたがクジで外し続けてしまった

それを踏まえてもやはり単独で高校BIG4を狙いたい!

 

高橋昂也は野球エリートらしく高校3年間で着実に体を大きく鍛えているのを見ても将来のプロを見据えてしっかり自己管理が出来ているのではないか

こいつなら(育成下手の)ヤクルトでも育つ!今度こそ!!という期待を込めて

高橋昂也君を1位指名します!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2位に挙げた生田目投手は16番目くらいに良い投手だと思ったので選びました

今年のヤクルト2位指名は4番目になります

黒木(立正大)や堀(広島新庄高)は残っていないだろうし、高良(九州産業大)でもいいけど1年ぶりの復帰で早速右肩違和感というのが怖い

社会人の酒居を選ぶのは弱気すぎる

剛速球の高卒左腕の古谷(江陵高)よりは大卒の方が早く目が出ると思うので生田目を選びました

 

去年は田中正義のライバルとして1位候補と挙げられてましたが怪我で1年投げられず評価を下げてしまいましたがこの秋に公式戦復帰

映像を見ていないのですがフォームが狂ってしまったようでまだ全盛期の状態ではありませんが150キロは超えるそうですし一応完投も出来ています

 

最速155キロの速球は魅力大

カタログMax150キロという投手は結構いますがそういう投手は実戦ではギアを入れて145キロがいいところでしょう

だが生田目投手は実戦で平均145キロくらい、ギアを入れて140後半~150キロ出せるようになるポテンシャルです

それくらいMax5キロの違いは大きい

神宮球場本塁打が出やすい球場ですので球威のある投手の方が有利と考えます

 

またこの球速だと大抵ノーコン投手なのですが、(怪我前の)彼は意外と四球が少ないです

球速の割には制球はそこそこあるように思えます

どっかの誰かさんみたいにストライクゾーンに入らないってことは無いと思います

 

ファームで1年間身体を鍛えながらフォームを固めて2年目から1軍入り。

3年目には10勝投手になれる素材とみます

 

 

 

 

3位は藤嶋。彼は野手ならドラフト上位の力があるはず。パワーが魅力。ちょっと飯原に似た顔つき(それは関係ない笑)

 

 

4位は田中和基。強打、強肩、俊足というアスリート系外野手。ヤクルト選手層の穴を埋める。両打ちというのも出番が多そう

 

 

5位は森脇。一人くらいは即戦力投手が欲しいので。働いてもらわないと困るリリーフ

 

 

6位はアドゥワ誠。2メートル近い身長を持つ投手。見た目に反して球は速くなく、打たせて取るピッチングという地味で器用な投球をする。4年後には柳(明大)投手レベルになってるはず

 

 

7位は寺田。独立リーグからのお試し即戦力リリーフ。右のサイドで制球良い

 

 

育成1位は福永。独立リーグで活躍する苦労人。バイトしながら野球を続けたハングリー精神の持ち主。まだ若いし絶対伸びる投手

 

 

 

 

個人的な希望としてはこんな感じです

ほんと高橋昂也一本釣りしないかなぁ