読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ?ゲーム?語る?(仮)……というのはうそでほとんど東京ヤクルトスワローズの話ばかりするブログ

アニメやゲームについてヨイショしたりヘイトしたりするブログ……というのはうそでほとんど東京ヤクルトスワローズの話ばかりするブログ

【映画レビューその3】心が叫びたがってるんだ。ここさえ変えてくれれば傑作だった。「ぼくのかんがえたさいきょうのここさけ」にするレビュー(ネタバレ有り)

過去の『心が叫びたがってるんだ。』レビュー

1つめ(ネタバレ無し)

yoisyo-hate.hatenablog.com

 

2つめ(ネタバレ有り)

yoisyo-hate.hatenablog.com

 

 

そしてこれで3回目のレビューになります

それくらい長井監督が好きなのでどうしてもいろいろ考えるんです

今回もネタバレ有り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回のレビューで愚痴愚痴文句垂れましたが前言撤回します

あの書きなぐりは本質見失ってました(汗

ここだけ!変更してもらえれば小さな不満はあっても傑作評価になるはず

 

順が一人で失恋のショックから立ち直って学校に戻る、に変更すべき

 

結局ね、2015年に主人公(順)が男にフラれてショック受けて、そのフッた男(拓実)に救われるという構図に乗れないんですよ

そんな出来事は現実ではありえない

いや実際には起きてるかもしれないけれど、世の女子たちがフラれた男に救われるなんてフィクションに対してリアリティを感じないし

そんなことを受け入れてしまう順というキャラクターに親しみを持ちにくいんじゃないですかね?

私は男性ですけど、失恋のショックでラブホにひきこもるところまではいいとしても拓実に連れられて学校に戻る順には少し幻滅しました

 

大樹が順を連れ帰るのも納得行く構図ではないし、菜月も同じく。

やはり自力でトラウマを克服しちゃうというので良いと思うんですよ

王子様はいない。でも拓実が好きだった。彼のためにもクラスのみんなのためにも母親の為にもミュージカルに出よう。

みたいなモノローグで復活した順がラブホから走って出ていくシーンに合わせてミトさんの感動的な劇伴曲流せばOKですよ

既に一回使った演出をもう一度使うのか、という問題がある気がしますけど問題無いのです

数十年前の弱弱しい女性像を見せられる方がよっぽど問題ですから

 

 

 

「言葉が持つ善悪」「気持ちを伝える尊さ」「王子様性の否定」「それぞれのトラウマ」

こういったモチーフはあくまで映画を彩る要素であって必ずしも回収する必要なんてない

特にメディアのレビューでもテーマは「言葉の重み」みたいに書かれているのだけれど

そもそもこの映画のテーマは「言葉の重み」では無いから

 

あくまでモチーフとしてストーリー進行の道具として「言葉」が何度も使われてるのであって、テーマとしては「青春の一幕」というような大雑把な捉え方のほうが合ってるはず

まあ捉え方は人それぞれですけど、私はそう感じました

 

 

 

f:id:saboon:20150924005641j:plain

そういえば、ここさけ×あのはな世界展に行ってた